スポンサーリンク

『集団左遷』5話のネタバレ感想・信じていた人からの裏切り?6話のあらすじも!

ドラマ

ドラマ『集団左遷』もついに5話・ドラマの半分が終わってしまいました。

加速する本部の圧力に耐えられるのか、崖っぷち支店長は今回も頑張ります!

毎回ピンチを迎える蒲田支店ですが、今回も悔しい事件が起こります。

ということで今回も

  • 集団左遷5話のあらすじ
  • ドラマのネタバレ感想
  • 信じていた人からの裏切り
  • 6話のあらすじは?

について書いていきます!

毎回走り続ける福山雅治さんも、少々お疲れかもしれませんね。

気になる5話も、ぜひチェックしてみて下さい。

 

 

 

集団左遷5話のあらすじ

 

「集団左遷」「廃店候補」と書かれた週刊誌の記事が逆に追い風となり、蒲田支店はたくさんの客で賑わっていた。三嶋(赤井英和)から打診されていた20億円の融資が成立すれば、ノルマの残りはあとわずかとなる。

しかし、融資が決まりそうだった顧客たちが相次いで羽田支店に乗り換えるという事態が発生する。嫌な予感がした片岡(福山雅治)が三嶋の元を訪ねると、そこには支店統括部部長の宿利(酒向芳)と羽田支店の鷹谷支店長(桜井聖)がいた…

引用元:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/story/

 

 

今回のポイントは、三嶋(赤井英和)の20億の融資です!

 

 

ドラマのネタバレ感想

 

融資が決まりそうだった顧客たちが相次いで羽田支店に乗り換えるという、思いもよらぬ展開となりました。

羽田支店の金利が蒲田支店より低く設定されているとなると、どう考えても本部の仕業に決まってる。

ノルマもあと少しと意気込んでいただけに、イラついてしまいました。

 

さらに、羽田支店より金利が高い蒲田支店に対し、「少し高かろうが、それでも自分を信じてくれる片岡さんに任せたい」「人生をかけて借金するんですから、借りる相手は信用できる相手じゃないとあかんのです」という三嶋(赤井英和)のセリフにまんまと引っかかってしまいます。

20億円の融資後、三嶋は音信不通に。

先ほどの三嶋のセリフに良い人過ぎると思っていましたが、まさか裏知られるとは…。

 

 

実は三嶋は町金から1億4千万円の借金をしていました。

ここはやっぱりドラマですよね。

実際の銀行が、融資先を調べないでお金を貸すでしょうか。

片岡(福山雅治)の落胆仕方ありませんね。

視聴者を安心させてくれないドラマに、少し嫌立ちを感じますが、やはりこの先の展開が気になってしまいます。

 

今回裏切りの悲しい結末になってしまいましたが、唯一癒しになったのが藤枝 薫(橋本真実)さんです。

  • お酒を飲むと「泣き上戸」
  • 観葉植物をまりりんと呼んでいる
  • 元彼がいた

など、面白いけど、藤枝 薫のキャラが分からなくなっちゃいましたねー。 

 

 

そして、もうひとつ真山(香川照之)の義父からの5億の融資がありました。

さすが真山さんです!

ただ奥さんの病気が気になりますね。

 

最後に、ドラマ内に現れた「幽霊坂」の看板。

幽霊坂ってどこ?(笑)

 

増々目が離せない「集団左遷」です!

 

6話のあらすじは?

 

『集団左遷!!』5/26(日) #6 ついに蒲田支店 最後の日…支店長 運命の決断!?【TBS】

 

蒲田支店運命の日?

 

国外へ逃亡しようとしていた三嶋(赤井英和)を寸前のところで捕まえ、20億の融資詐欺はなんとか免れることができました。

「目標の100億円に一円でも届かなければ廃店は断行する」と厳しい態度を崩そうとはしない。

ノルマの期限は迫ります。

 

廃店か存続か、6話で決定するのでしょうか?

存続で頑張って欲しいです。

 

まとめ

 

以上、『集団左遷』5話のネタバレ感想・信じていた人からの裏切り、6話のあらすじも紹介しました!

20億円の融資後、三嶋は音信不通に。

国外へ逃亡しようとしていた三嶋(赤井英和)を寸前のところで捕まえ、20億の融資詐欺はなんとか免れることができました。

信じていた人からの裏切りは計り知れないでしょう。

 

今回は視聴者からの反響は大きかったようです。

今後の展開を楽しみにしています♬

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました