スポンサーリンク

映画『ラストレター』エキストラ応募方法や期間は?撮影予定地・結果発表の日程も!

映画

2019年全国東宝系で公開予定の岩井俊二監督・最新作映画『Last Letter』の撮影が、今まさに行われています。

『Last Letter』出演の福山雅治さんは、映画『マチネの終わりに』にも出演予定となっており、日本や海外の撮影にご苦労察し致します。

 

ところで、映画ときたら欠かせないのがエキストラですよね。

今回の『Last Letter』は、高校生役、その父兄役など、募集人数を多数必要としています。

まだ締切には間に合いそうなので、お近くの方はぜひ参加されてはいかがでしょうか。

 

今回は、映画『Last Letter』のエキストラボランティアに関して

  • エキストラ応募方法や期間
  • 撮影予定地や結果発表の日程

などの記事を書いていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

【関連記事】

映画・ラブレターの動画を無料で視聴する方法は?あらすじやキャスト・感想や評価も調査!

映画『マチネの終わりに』エキストラの応募方法や期間は?撮影予定地・結果発表も調査!

映画『マチネの終わりに』の公開時期や上映館は?ロケ地やキャストも調査!

 

 

映画『ラストレター』エキストラの応募方法や期間は?

 

映画『Last Letter』は、夏の宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描く物語です。

 

そんなラブストーリーのエキストラボランティアに応募しませんか?

  • 撮影期間:2018年7月下旬〜8月下旬(予定)のうち数日
  • 募集対象:老若男女、どなたでもご参加いただけます。

 

 

 

エキストラの応募方法は、応募フォームより必要情報、参加可能日等を入力いただき応募して下さい。

  • お名前
  • フリガナ
  • 性別
  • 年齢
  • 身長
  • 体重
  • 靴のサイズ
  • ご職業もしくはアルバイト
    (具体的に書いていただくと、ご職業に合った役をご案内出来る事があります)※過去の経験でも可
  • お芝居経験
  • お芝居経験ありの方はこちらに具体的にお書き下さい。
  • お住いの都道府県
  • メールアドレス
  • 緊急連絡先(携帯電話)
  • 保護者様の電話番号
  • 何を見て応募しましたか。1つ選択してください
  • 「関係者」「会社や学校」「その他」を選んだ方は具体名をこちらに記入してください。
  • メッセージ・その他
    (撮影上気になる持病やアレルギーなどもこちらにご記入ください。)
    ※未成年者の方は保護者名を記入してください。
  • (未成年者の方へ)
    保護者の同意を得ていますか?
  • 参加できる日をチェック(8月12日・13日・14日)
  • 応募した日程で、何時までなら参加OKなど、制限がある方は明記してください。

 

以上ですが、応募フォーム記入は結構な量でした。

エキストラボランティア、夏のいい思い出になると思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

 

映画『ラストレター』エキストラの撮影予定地や結果発表の日程も!

 

今回の映画は、岩井俊二監督の故郷である宮城県を初めて舞台としています。

  • エキストラの撮影予定地:仙台市内など宮城県内
  • エキストラの参加特典:ご参加いただいた皆様には特製映画オリジナルグッズを進呈いたします。

 

応募者多数の場合は抽選となります。

すでに応募者が多数となっているので、抽選が確定ですね。

 

そして、気になる結果発表ですが、エキストラ参加決定の方のみ、撮影予定日3日前までに当選メールが着ます。

落選した方は連絡がこないので、撮影予定日3日前までにメールがこない場合は諦めて下さい。

 

 

エキストラ募集の過去を調べたら、そのテレビや映画にもよりますが、応募後の当落結果は撮影日の3日前やギリギリ前日の連絡とかもあるようです。

そういう場合も考慮すると、日程や時間に余裕のある方でないとエキストラボランティアは難しいですね。

 

 

まとめ

 

映画『ラストレター』のエキストラ応募方法や期間、撮影予定地や結果発表の日程も紹介しました!

 

  • 撮影期間:2018年7月下旬〜8月下旬(予定)のうち数日
  • エキストラの応募方法は、応募フォームより必要情報、参加可能日等の入力
  • エキストラの撮影予定地:仙台市内など宮城県内
  • エキストラの参加特典:ご参加いただいた皆様には特製映画オリジナルグッズを進呈

 

ましゃファンは、福山さんが一緒に出演するシーンにエキストラ出演できることが理想ですが、そう簡単にはいかないですよね。

 

岩井監督自身の原体験を詰め込んだ集大成となり、初の長編映画「Love Letter」に対するアンサー映画にもなっています。

2019年の公開が楽しみです。

スポンサーリンク

コメント