笑顔のかわいい道下美里・旦那との出会いは?出身や学歴・名言についても調べてみた!

2020年2月2日に第69回別府大分毎日マラソンが開催されました。

視覚障害女子では、道下美里(みちしたみさと)選手が自らの持つ世界記録を更新する2時間54分22秒で優勝しています。

たまたま、別府大分毎日マラソンをテレビで見ていましたが、一生懸命走っている姿や笑顔がかわいい道下美里選手に目が離せなかったです。
そんな道下選手はどんな方なのでリサーチしてみましたよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukinobu Itabashi(@yukinobu_itabashi)がシェアした投稿

そこで今回は

  • 「笑顔のかわいい道下美里」旦那との出会いは?
  • 道下美里の出身や学歴は?
  • 道下美里の名言まとめ!

について紹介していきます。
今年は東京オリンピックもあるので目が離せないですね。



「笑顔のかわいい道下美里」旦那との出会いは?

東京パラリンピックの代表に内定しているマラソン女子の視覚障害・道下美里選手が、別府大分毎日マラソン大会で自らの世界記録を2分近く更新して優勝しました。

追記・・
東京2020パラリンピックで金メダルを獲得!!

そんな道下選手は中学2年生のころ、角膜の病気で右目の視力を失っています。
25歳の時には左目もかすかにしか見えない状態になりながら、30代から本格的にマラソンを始めました。

そんな頑張り屋さんの道下美里選手には、2009年にご結婚された旦那さんがいます。
旦那さんとは福岡の短大に進学し、ひとり暮らしを始めた下宿マンション近くにあったレストラン「マラガソル」で、ウェイトレスのアルバイトをしていた時に出会っています。

旦那さんはバイトの先輩で、その後事情により2人は8年後に再開。
両目が見えなくなって盲学校に通っている道下選手に、旦那さんは「わかった、じゃあ結婚しよう。」とプロポーズをされたとか・・。素敵な旦那さんですね♡



道下美里の出身や学歴は?

それでは、道下美里選手の出身や学歴・プロフールを紹介します。

道下選手は、かなり小柄ですが、走っている姿は力強いです。

  • 名前   道下美里(みちしたみさと)
  • 愛称   みっちゃん
  • 所属   三井住友海上
  • 生年月日 1977年1月19日
  • 出身地  山口県下関市
  • 身長   144㎝
  • 学歴   調理師短大
  • 障がい  T12視覚障がい(膠様滴状角膜ジストロフィー)

 

パラリンピック 道下美里 世界一の伴走者とつかみ取った「金」

道下美里の名言まとめ!

道下美里選手の名言をまとめてみました。

  • どんどん進化している自分がいるから、挑戦をやめられないんだと思います。
  • 「できることがどんどんなくなっていって、日々に喜びを見出せなかったので。だから、そんな私が家族のだったり、社会のお荷物なんじゃないかと思っていました」
  • 「最高ですね。みんなが42.195キロずっとついてくれてて、ずっと背中を押されながら走りました。絶対いける。みんながついているから絶対いけるって」
  • 「金メダルが取れなくて悔しさも残りますが、銀メダルが今の私にとっては最高のメダルだと思います」
  • 「伴走の方のサポートで最高の力を発揮できました。頭の中にコースの図面を描いて方向を確認していたので、初めて走るようなコースには思えず、不安も全くありませんでした」

 

この名言集で精神的にも肉体的にも、とても強い方だと思いました。

マラソンが強い上に、笑った顔がかわいいとなれば、道下美里選手のファンは急増ですね。
旦那さんが熱烈プロポーズをしたのも分かる気がします(笑)

金メダルを獲得した瞬間の素敵な笑顔ですね。

まとめ

笑顔のかわいい道下美里の旦那との出会い、出身や学歴・名言についても調べてみました!

旦那さんとは短大時代のバイト先で出会っています。

道下美里選手の出身や学歴・プロフール

  • 名前   道下美里(みちしたみさと)
  • 愛称   みっちゃん
  • 所属   三井住友海上
  • 生年月日 1977年1月19日
  • 出身地  山口県下関市
  • 身長   144㎝
  • 学歴   調理師短大
  • 障がい  T12視覚障がい(膠様滴状角膜ジストロフィー)

伴走者も務めている旦那さんとは、同じ夢に向かって頑張って欲しいと思います。
そして、今後の活躍も期待していますよ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました