まばたきする遺影を開発した会社はどこ?料金や注文方法・口コミも調べてみた!

2019年12月8日放送の「まばたきする遺影」について、今朝のワイドナショーで紹介されていました。

考えられない遺影に衝撃でしたが、未来を見たような気がして不思議な気分です。

ということで今回は

  • まばたきする遺影を開発した会社はどこ?
  • まばたきする遺影の料金や注文方法
  • まばたきする遺影の口コミは?

について紹介します。

「まばたきする遺影」は、やはり恐い感じがします。

でも、遺影のご家族にとっては嬉しいことなのかもしれませんね。

興味のある方は、ぜひ記事のチェックをしてみて下さい。

 



まばたきする遺影を開発した会社はどこ?

 

「まばたきする遺影」を開発したのは、明治20年創業の大手葬祭備品メーカー「萩原」さんです。

個人の写真をAI加工し生前の姿のような豊かな表情を作り出しています。

 

「まばたきする遺影」の表情は豊です ↓ ↓

 

大手葬祭備品メーカー「萩原」さんは以下のところにあります。

〒130-0004 東京都墨田区本所4-8-5

  • 03-3624-3311
  • 03-3624-0622

 

この大手葬祭備品メーカー「萩原」さんは

  • 仏具から神具、キリスト用品まで冠婚葬祭に関わる・あらゆる葬祭用品を取り扱っている
  • 自社工場を持ち、お客様のあらゆるニーズに答えている
  • 伝統に裏付けされた確かな技術で、新しい葬祭スタイルをご提案
  • 札幌・仙台・東京・大阪・福岡の5つの拠点で展開している

 

特に私が気になったのは、「萩原」さんのオリジナル商品です。

葬祭備品を軽くしたいという声に答えて開発したエアリシリーズ
軽い素材やデザインに工夫をし、女性でも持ち運びしやすくした備品シリーズです。

そして、エコロジーにも注目。

焼却してしまう商品が多い業界だけに、地球にやさしい商品作りを目指しています。

使用後も土にかえる材料や焼却時に有害なものを発生しない紙製品など、エコロジーを意識した商品作りは素晴らしいと思いました。

 

葬儀関係をあえて知ろうとしなかった私ですが、これを機に少しでも考える機会を与えていただいた「まばたきする遺影」に感謝したいと思います。

 



まばたきする遺影の料金や注文方法

 

大手葬祭備品メーカー「萩原」さんは、冠婚葬祭用品を販売している会社です。

自社で開発している製品も多く、葬儀会社への販売をしているようですよ。

 

実際に、七回忌の法事でまばたきする遺影を見た鈴木さんご家族 ↓ ↓

 

 

この「まばたきする遺影」は、2020年4月からのサービス開始となっているため、今現在は料金や注文方法の情報は不明です。

申し訳ありませんが、分かり次第追記していきますね。

 

ちなみに、この「まばたきする遺影」は、最新技術を駆使し8パターンの表情ができます。

事前に登録しておけば、しゃべる設定もできるとか。

賛否両論ですが、個人的には亡くなった直後ではなく、5、6年経った頃に見たい遺影ですね。

亡くなった直後だと悲し過ぎて見れないと思うからです。

 

8パターンの表情 ↓ ↓

 

まばたきする遺影の口コミは?

 

それでは「まばたきする遺影」の口コミを紹介していきますよ。

 

私と同じ意見の方がいますね。
「七回忌、十三回忌になったら喜ぶ家族は多いと思う」という意見です ↓ ↓

 

「まばたきする遺影」を嫌だと思うのは人が9割を越えている ↓ ↓

 

「もう動かないんだ…」という事実をしっかりと受け止めたい ↓ ↓

 

家族は嬉しい ↓ ↓

 

動かない写真を見て故人を思い出すもの ↓ ↓

 

完全の無理な方もいます ↓ ↓

 

ご家族にとっては嬉しいような悲しいような、実際体験してみないと分かりませんね。

 

まとめ

 

以上、まばたきする遺影を開発した会社、料金や注文方法・口コも調べてみました!

  • 明治20年創業の大手葬祭備品メーカー「萩原」
    〒130-0004 東京都墨田区本所4-8-5
  • 2020年4月からのサービス開始となっているため、今現在は料金や注文方法の情報は不明
  • 口コミは賛否両論

ご家族にとっては嬉しいような悲しいような、実際体験してみないと分かりません。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました