福山雅治の取り扱い説明書とは?初出演の『しゃべくり007』の見逃しを無料で視聴する方法も!

映画「マチネの終わりに」の公開日(2019年11月1日)が目前に迫り、福山雅治さんは映画の告知にと様々なテレビ番組に出演されています。

今回はその1つに、「しゃべくり007」に初出演をしました。

謎の「福山雅治の取り扱い説明書」なるものがあり、めちゃ気になります。

ということで今回は

  • 福山雅治の取り扱い説明書とは?
  • 『しゃべくり007』の見逃しを無料で視聴する方法

について紹介していきます。

福山雅治さんとお笑い芸人さんとの絡みも気になるところです。

内容を知りたい方は、ぜひ記事をチェックしてみて下さいね。

 



福山雅治の取り扱い説明書とは?

 

実は、福山雅治さんは「しゃべくりに出る機会を10年逃し続け、今ここだと思って出演を決めた」とのことです。

その理由は、「しゃべくり007」の番組が始まった当初から出たいと思っていましたが、番組はどんどん面白くなっていくし、ゲストも面白い方が出てくるので、今さら俺が出ても全く面白くないのではないか、とのことでした。

 

『しゃべくり007』の様子です ↓ ↓

 

それでは、一番気になっていた「福山雅治の取扱説明書」について書いていきますよ。

『福山雅治の取扱説明書・アップデート007』

取説の情報が古い・忖度し過ぎて間違っている、などのことから、007で訂正してあげようという企画。

この取説はコンサートの時に、「イベンダーさんにこれを用意していただけますか。」という意味であるそうです。

  • ライブの朝食
  • ライブの昼食
  • ライブ会場に用意するもの
  • 楽屋の冷蔵庫に用意するもの
    ライブの必需品:栄養ドリンク&豆乳
  • 楽屋に用意するもの:女子目線で選んで下さい ← 面白いですね。
  • 移動車に用意するもの
  • 本番時のオーディエンス水
  • 高所での撮影NG
  • 読んでいる雑誌の用意

これだけでも多いですが、まだ倍以上はあるとのことです。

ましゃは意外に面倒くさい人だったんですね。

でも、それくらいしないと、私たちが望んでいる「福山雅治」ができないとうことかもしれません。

 

実際の取説です ↓ ↓

取説を修正しています ↓ ↓

 

その他にも、こんな「しゃべくり」が・・・

  • しゃべくりのメンバー・泰三さんとは「竜馬伝」で共演
    印象的なのは、酔っぱらうシーンがあったが、泰三さんは本当にお酒を飲んでいた。
  • 若手俳優を見て思うこと
    活躍している後輩俳優とのジェネレーションギャップもあり、失敗しろ~との嫉妬心を暴露
  • 仲のいい芸能人:大泉洋
  • 福山雅治さんはキレイ好き過ぎて、外出先のトイレも掃除
    汚いトイレに入って、次の人が自分が汚したと思われるのが嫌なので掃除している。
  • 苦手な人:場を盛り上げない人

など、たくさんの面白秘話を暴露していただきました。

楽しい時間をありがとうございます♪

 



『しゃべくり007』の見逃しを無料で視聴する方法

 

さて、福山雅治さん初出演の「しゃべくり007」を見逃してしまったり、録画を忘れていたら焦りますよね。

そんな時に無料で動画を見る方法があります!

 

民放5社のテレビ番組が視聴できるアプリ「TVer」を利用します。

TVer(ティーバー)とは、テレビ番組の最新話を無料配信できる、とても有難いアプリなんですよ。

民放5社(日テレ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)が共同で行っている公式サービスで、放送中のドラマやバラエティ番組など、最新コンテンツをスマホやパソコンで簡単に視聴することができます。

iPhone、Android両方に対応しており、パソコンからも視聴可能となっています。

ただし、放送中のドラマやバラエティ番組など放送終了後から視聴できますが、視聴期間が1週間と期限付きなので、その点は気を付けて視聴していただきたいですね。

 

視聴はこちらから →TVer(ティーバー)

 

日本を代表するスーパースター(笑) ↓ ↓

 

まとめ

 

以上、福山雅治の取り扱い説明書、初出演の『しゃべくり007』の見逃しを無料で視聴する方法も紹介しました!

  • 『福山雅治の取扱説明書・アップデート007』
    取説の情報が古い・忖度し過ぎて間違っている、などのことから、007で訂正してあげようという企画。
  • 「しゃべくり007」を見逃したら、民放5社のテレビ番組が視聴できるアプリTVer(ティーバー)を利用

取説は本当に存在していたんですね。

完璧なライブにするためには、ここまでしないといけないのだと思いました。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました