映画・ラストレターを見た感想とネタバレは?口コミや評価についても調べてみた!

岩井俊二監督の『Last Letter』が2020年1月17日全国東宝系にて公開になりました!

早速私も映画を見て来ました。

風景がとても綺麗で、岩井俊二ワールドに包まれた感じでした。

それと福山雅治さんの演技も上手かったです。

福山ファンとしては、そこが大事なんですよ(笑)

ということで今回は

  • 映画『ラストレター』のネタバレは?
  • 『ラストレター』の映画を見た感想!
  • 『ラストレター』の口コミや評価は?

について紹介していきます。

これから映画を見ようと思っている方は、感想などを参考にしてみて下さい。

 



映画ラストレターをネタバレします!

 

まず初めにあらすじを紹介します ↓

裕里(松たか子)の姉の未咲が、亡くなった。裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会することに。
勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎(回想・神木隆之介)と未咲(回想・広瀬すず)、そして裕里(回想・森七菜)の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。
ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく―――
引用元:https://filmarks.com/movies/80425

 

公開初日を迎えた監督・キャストの皆様からコメント動画 ↓ ↓

 

ここからネタバレにいきますよ。

鏡史郎は妹の裕里の手紙にある住所に出かける。

そこで、未咲が自殺で亡くなったこと、その原因は未咲の夫だったことを知る。
妹の裕里に「あなたが(姉と)結婚してくれていたら・・」と泣かれる。

その後、未咲の元夫に会い、あまりに酷い男に絶望に打ちひしがれる。

しかし、学生時代の思い出の地巡りをすることで癒され、最後に未咲、裕里の娘たちに会う。
未咲の娘の鮎美から、未咲が学生時代に鏡史郎からもらった手紙で励まされて、手紙を大事にしていたことを聞く。
未咲は亡くなっていたが、未咲にお参りできたこと、未咲が自分を愛していたことが分かり鏡史郎の心が安らかになっていった。

という究極のラブストーリーでした。

 



『ラストレター』の映画を見た感想!

 

それでは、私が映画『Last Letter』を見た感想を書きます。

 

『Last Letter』を見て、一番に思うことは映画の風景の緑や川がめちゃめちゃ綺麗でした。

Twitter情報から、宮城県の主に仙台を中心にロケをしたということです。

 

川や滝・緑が綺麗 ↓ ↓

 

学生時代の広瀬すずさんと神木隆之介さんさんですね ↓ ↓

 

出演者も素晴らしい演技で、特に神木隆之介さんと福山雅治さんは同一人物の高校生と現在の演技をしています。

神木さんと福山さんはお互いの特徴を似せようと、お互いになりきっている感じでしたよ。

福山雅治さんは、演技がどんどん上手くなっているのを感じます。

歌も上手い、演技も上手いってどうなんですか?(笑)

 

切ないラブストーリーでしたが、期待していなかったので意外に面白かったです(笑)

『Last Letter』は中山美穂さん出演・1995年公開の映画『Love Letter』に対するアンサー映画となっています。

『Love Letter』は私も見たことがないので、ぜひ見たい作品ですね。

 

『Last Letter』でも実は中山美穂さんが出演されていたんですよ。

タレントのMEGUMIさんの息子さん・降谷凪君も出演していました ↓ ↓

 

忘れていましたが、この映画の中で大きな犬が出てきます。

それも2匹もです。

可愛くて、めっちゃ大きい犬でした。

犬種は何でしょう? ↓ ↓

 

やはり、この映画で欠かせないのが主題歌「カエルノウタ」です。

主題歌が「カエルノウタ」と聞いたときは何でそんな歌?と思いましたが、歌を聴くと納得します。

映画にも出演している・森七菜さんの透明な歌声が、この映画を盛り立てています。

でも、題名が不思議ですね(笑)

 

岩井俊二ワールドは素敵でした。

しかし、岩井俊二監督の作品は切ないストーリーが多いので、次回は幸せな気持ちになる映画をお願いしたいです。

まだ、映画を見ていない方は、ぜひおすすめしたい映画ですよ。

 

『ラストレター』の口コミや評価は?

 

さて、『Last Letter』の口コミや評価はどうたっだのでしょうか。

紹介していきますね。

 

『ラストレター』の評価には2種類あり、
映画を評価しようとする者と、そもそも評価するつもりなどなくこれは自分の映画だとする者 ↓ ↓

 

「久しぶりに手紙を書きたくなりました!心の底が温かくなる物語!」 ↓ ↓

 

今年を代表する邦画としては間違いなし! ↓ ↓

 

岩井俊二の映画、すごい評価高いってことだと思った ↓ ↓

 

『ラストレター』の福山は、さながら『地獄の黙示録』におけるウィラードのような役割 ↓ ↓

 

『ラストレター』の評価はかなりいい感じです。

出演者は皆演技が上手かったですが、福山雅治ファンとしてましゃの演技を褒めている方がいると嬉しいですね。

 

まとめ

 

映画・ラストレターを見た感想とネタバレ、口コミや評価についても調べてみました!

福山雅治さんの「君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?」という手紙の文がありますが、これはヤバイです。

手紙ですが、福山雅治さんの声が映画館に流れます。

キュンキュンしてやられちゃいます(笑)

一番印象に残っているのが、綺麗な緑や川の風景でした。

 

映画見た方の評価もよく手嬉しくなりました。

岩井俊二監督の究極のラブストーリー、ぜひ見て下さいね。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました